FC2ブログ
大丁の考える野外露出
野外露出について考えAVにしていくブログ。※大丁は、株式会社トミーウォーカーのPBWでマスター業務を行っていますが、マスター契約時の規約により、ここでゲーム内容に関する発言をすることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想へのレスです~最初で最後の卒業式露出
 「卒露」の感想の中で、「プロローグのように感じる」「続編があるのでは?」という意見をいくつかいただいております。コメントのレスを書きましたら、長くなってしまいました。これは、エントリーとしてあげることにします。

 最初にあやまります。私の技量不足は否めません。ごめんなさい。そのうえで制作と内容の両視点からお話します。

 まず制作から。
 素人企画の実験みたいなものですから、ウけるかどうかは、やってみなければわからないものでした。
 そういう意味では、私に与えられたチャンスは希少で、余力を残すようなもったいないことはできなかったんですね。
 「プロローグ」といわれると、ちょっと残念な気になります。

 が、今から反対のことを言います。
 なんでもいいから一本撮るという話ではなくて、たくさん出した露出企画のうち、「これなら撮れるかもしれない」というのが「卒業式の壇上で全裸」でした。
 観たいもの、撮ってもらいたいものは、山ほどあるなかで、「卒露」にGOがでたんです。
 ここは、他のものはいったん脇において、「卒露」を成立させるのに必要なものだけを厳選することにしました。そのうえで出し惜しみはしませんでした。

 ですから、「卒露」の影には、まだまだ観たい、撮ってもらいたいものがひしめいているのであり、もしかしたら、それを感じ取っていただいているのかもしれないと思うと、たまらなく嬉しくなります。

 次に内容の話です。
 「卒露」の主人公・エリカは、自分の望む露出にたどり着きます。ラストシーンの表情に、その境地を託したつもりです。
 ドラマとしては完結したわけです。
 が、エンディングは同時にニュー・ビギニングであります。新たな始まりです。新しく変わってしまった世界の物語に、思いをはせていただけたなら、これも嬉しいことです。

 そして変わったのは、エリカの世界だけでなくて、「露出ビデオをドラマで撮る」ことが可能になった、という点で、私たちの世界も変わったのです。

 せっかくそうなったのに、これで終わってしまっては不満ですよね?

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

露出の表記なし~聖子 神田聖子写真集
 この写真集に、野外露出なシチュエーションが多いのはナゼなんでしょう?
 発表時期から、Vシネマ「スキャンダラス」との関連もあるかと思いますが(「スキャンダラスについてはまた後日)、それにしても必然性に欠けます。
 ざっと、露出な内容をあげてみます。

1.バーのカウンター
客や店員は無し。照明がおちているので営業してない風。白人男性とのカラミあり。

2.夜のベイエリア
セダンのボンネットで白人男性とのカラミ。

3.操車場
白昼。全裸。人影なし。品川?

4.渋谷駅スクランブル交差点
白昼。全裸コート。大量の通行人といっしょに横断。

5.車道
夜間。オープンカーから上体だし。

6.パチンコ店内
全裸。客あり。営業中の雰囲気あり。

7.屋形船
早朝? 客無し。座敷や舳先で全裸。

 写真集なので、特にストーリーらしきものはありません。
 神田聖子は松田聖子のソックリさんタレントです。白人男性が登場するのは、当時の本人のスキャンダルになぞらえたものです。これらのことも、野外露出とは関係がありません。
 もしかして、野外露出→公然ワイセツ→スキャンダルという連想だったのかしら?

 それにしても各シチュエーションは凝っています。例えば、砂浜でヌードを撮るとして、「何で裸なのか?」なんて疑問は浮かばないものです。普通の写真集ならそう撮ると思います。
 これがパチンコ屋や交差点になってしまうと、被写体への関心よりも「何で?」の疑問のほうが先にたってしまう。そして、そうなるように意図して撮っている(ように見える)。

 疑問の答えはでませんが、「被写体が演じているのは露出狂の女なのではないか」という妄想なら湧いてきますね。



テーマ:アダルト総合 - ジャンル:アダルト

Vシネ~露出狂の女
 さて、ビデオ発売という自分にとっての大イベント。数日たってもなかなか気持ちが落ち着きませんで、エントリーのテーマを絞りきれないでいます。書きたいこと、伝えたいことがいっぺんに湧き上がってきて、どれから手をつけようかな、なんて幸せな迷い。

 今回は、AVヲタ1号様からご紹介のあった「露出狂の女」をエントリーとしてあげることにします。詳しくは10/4のコメントを参照ください。

 私は未見でした。と、言いますか、まったく知らない作品でした。Vシネマについてはチェックが甘かったかも……。

 『(露出をドラマでということなら)Vシネマの方が描き易い気がします』というご意見をGun様から頂いていました(9/26のコメント参照)。
 まさにそういう作品があったのですね。不勉強で申し訳ありません。この機会に観てみることにします。

 DVD版が今年の12/21にリリースとのこと。もう予約はできるみたいですね。↓



テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

発売されました~最初で最後の卒業式露出


最初で最後の卒業式露出
メーカー:SODクリエイト
発売日:2007-10-18

 本日、私こと大丁が企画いたしましたAV、『最初で最後の卒業式露出』が発売となりました。
 制作・発売までにご尽力くださいました方々、興味をもっていただいた方々、そして実際にご鑑賞いただいた方々に、厚くお礼を申し上げます。

 さて、三回連続で『卒露』(夢幻さま命名)のPRエントリーになっていたわけですが、ひきつづき露出について考えるブログにしていきたいと思っています。
 基本は様々なメディアに登場した露出を取り上げたりしながら、アレコレ話す形式です。
 その際に例示として『卒露』を使ったりしようかな、と。
 
 ですので、自作分析とか自画自賛ぽく感じられる文章もあるかと思います。そんな時は作品の性質からくるものとご容赦くださいませ。

 なにせ、私の妄想が実体化してそこにあるんですもの。

 同時にご意見はどんなものでもいただきたいです。
 ご質問などにもできるだけ答えていきたいです。個人情報などに留意すれば、作品について書くのは自由とSODクリエイト様から許可もいただいてますので。

 『大丁の考える野外露出』を今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

サンプル動画アップ~最初で最後の卒業式露出


最初で最後の卒業式露出
メーカー:SODクリエイト
発売日:2007-10-18

前回エントリー

 販売のソフト・オン・デマンド様のhpが更新されまして、サンプル動画が公開されました。
 編集直後に確認にいったきり、私も見ていなかったので、撮影時のことがいろいろ思いだされます。主演の女優さんにはがんばってもらいました。エキストラの方々にも。
 スタッフさんも、要領を得ない素人の言うことをよく聞いてくれたなぁ、なんて。
 私の仕事は、自分の見たいものを、なんとかして伝えることでした。全力をつくしました。大変でしたけど、同時に楽しかったです。
 商品版を手にするのが楽しみです。

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

SOD新作情報アップ~最初で最後の卒業式露出


最初で最後の卒業式露出
メーカー:SODクリエイト
発売日:2007-10-18

前回エントリー

 販売のソフト・オン・デマンド様の新作情報がアップされました。これで発売まで二週間になりましたね。

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

告白系野外露出サイト~月刊『野外露出』
 私が野外露出について、精神性とか、心情とか、心理描写とか、そういう話を多くしているのは、こうした女性側からの体験告白を読むのが好きだからだとも言えます。月刊『野外露出』は開設時ぐらいから愛読しています。

 露出に興味のある女性と管理人のベンジー氏がメールなどでやりとりして、その露出癖を拡充していく、というのがサイトのコンセプトで、複数の女性が体験や願望を告白しています。
 同時にベンジー氏によるコラム記事の視点の鋭さには唸らされます。この鋭さは、長期にわたって深めてきた露出女性たちとの親交から得ているのでしょうか。

 ベンジー氏は紳士です。女性への気遣いには好感がもてます。それでいて時に厳しい課題や命令を与えます。露出に踏み切るのに、その後押しをしてあげる。それを役目と心得ているからだと思います。
 そういう意味では、SMの一環として捉えられる「露出調教」に類するとも言えます。実際、告白してくる女性の多くが、調教師にあたる人物をリアルでそばに置いていたりします。時にはサイトの縁で告白者どうしがつながって課題を出し合うようなこともあります。

 このようにすばらしいサイトで、愛読している露出女性や露出ものファンは多いと思われますが、なぜかリンクの類がありません。孤高を貫いてきたと言いますか、そのへんも魅力ではありますけれども。あと、開設当初は女性限定のサイトで(したよね?)、男の自分では盗み読みになってる気がしていたんですよ。それでメールとか表立った応援とかできないでいたのです。
 今回、自分のつくったものを伝えたいのと、ぜひこのブログで紹介したいとの思いから、緊張しながらもメールをしました。快諾いただけて感謝しています。

月刊『野外露出』

 知らなかった方は、ぜひ覗いてみてくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。