FC2ブログ
大丁の考える野外露出
野外露出について考えAVにしていくブログ。※大丁は、株式会社トミーウォーカーのPBWでマスター業務を行っていますが、マスター契約時の規約により、ここでゲーム内容に関する発言をすることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この辺りで、本題に復帰
 前回の記事や前々回のコメントは、ビリーさまからの問い、『バレイキは実在するか?』を受けてのものでした。
 なので、本題を横に置いて、バレイキひいては露出の実在に関する話をさせていただいたのです。
 いずれは踏み込むテーマでしたから、誤解なく伝えるのはまだ難しいと思いつつも、結論だけお話しました。
 ですから、ビリーさまが、足りない情報のなかで真剣に考察してくださったのは申し訳なかったですし、嬉しくもありました。
 結論といっても、『バレイキは実在するか?』という問いに対してのみのことで、本論考自体はまだまだその先も続きます。
 続くその先のお話を、ちょい出ししたりしていましたので、やはり私の話は分かりにくくなっていました。
 特に分りにくい部分は、私がまだ、実制作の方法や方針については話をしていない、ということかと思います。
 露出の実在についての話をしたところだけです。
 露出をどう考えているのか、考えていることをどのように作品にするか、とろうとしている方法そのものはどんなものか、まだ書いてはいません。
 にもかかわらず、書いてるように読めますよね。どうも、すみません。

 たとえば、今回いただいたこの部分。

>ファンタジーの例でスーパーマンやトトロを出して視聴者との
>繋がりを主張しましたが、考え方が私と違うようです。
>>怪力の宇宙人はいませんが、
>>人を助ける職業についている人はいます。
>>不思議な生き物はいませんが、
>>森や自然を守る仕事についている人はいます。
>>露出は実在しなくとも、露出したい、露出を見たい、
>>という気持ちを表したものは、間違いなく実在します。
>>さきほど、動機の証明は本人にもできないような書き方
>>をしましたが、根っこの部分に近付くことはできるはずです。
>これでは根っこの部分に近づいていないと思います。
>「根っこの部分は分からないから別の物で代用しちゃおう」という
>風に感じました。

 元は、ビリーさまがふたつ前のコメントでしていた次の部分を受けてのものです。

>大丁さんがめざしているのはリアルな露出作品ではなくて
>ファンタジー作品なのでしょうか?
>スーパーマンとかトトロのように実在しない物を
>描こうとしているのですか?
>ファンタジーだとしたら何でも作れますが、
>上手く視聴者に伝えないと、消化不良の気持ち悪~い作品に
>なってしまいます。
>空想の世界、架空の主人公であったとしても、根っこの部分では
>視聴者とどこかしら繋がっていて欲しいです。

 私は上記のビリーさまの言葉から、実在しない物の例として、スーパーマンとトトロを引き合いに出されたと思いました。
 そこで、スーパーマンとトトロは実在しますと、返したのです。

>怪力の宇宙人はいませんが、
>人を助ける職業についている人はいます。
>不思議な生き物はいませんが、
>森や自然を守る仕事についている人はいます。

 私がこのように書いたのは、スーパーマンもトトロも、人間で代用して作品を描ける、という意味ではないのです。
 こんな意味です。
 おそらくスーパーマンのキャラクター構築の際には、人を助ける職業についている人から、その尊さを学んで活かしているであろう。
 スーパーマンの物語を見た人が、人を助ける尊さを学び、自分の人生に活かし、人を助ける職業につくことはあるだろう。
 スーパーマンはフィクションだけれども、フィクションの前後にはノンフィクションが存在する。
 スーパーマンの全部が実在しないわけではない。
 実在しない物の例としては、ふさわしくないのではないだろうか。
 実際、ビリーさまも、言い直している。

>空想の世界、架空の主人公であったとしても、根っこの部分では
>視聴者とどこかしら繋がっていて欲しいです。

 私は、この『根っこ』を、ビリーさまが言った場合の、フィクションの前後のノンフィクションのことだとと解釈し、逆にスーパーマン、トトロの例をつかわせてもらった、というわけです。
 本来なら、同意できますくらいの意味なのに、

>まさに、今現在の目指すところです。

 なんて言い方をしたので、

>「根っこの部分は分からないから別の物で代用しちゃおう」という

 ふうな制作方針だと、ビリーさまに思われてしまったのだと思います。
 この段階では、実在についてのみの話なので、制作方針については語っていません。解りにくくてすみません。

 したがって、今回コメントの次の部分。
>>他の方々が持っている露出観の、ひと通りやふた通りどころではない
>>多くの露出観を、自分の中にとりこむことで、繋がる、広がる、
>>生きた露出観にしていく。
>いろんな価値観、いろんなエピソードを大丁さんが取り込むのは
>いいのですが、それを一人のヒロインに詰め込んでも 生きた露出観
>にはなりません。
>不思議な人物になるだけです。

 露出観を広げることと、いろんな価値観いろんなエピソードを一人のヒロインに詰め込むことは、関連がありません。

 フィクションとノンフィクションの話は、別に私が考えたのではなくて、創作に関してはたびたびでてくる話題です。
 結局のところ、『バレイキの実在』を問うことそのものは、本論考では本筋ではないのです。
 本筋ではないこと自体は、今回のビリーさまのコメントで、ビリーさまも同じ考えであると私は思いました。
 バレイキ実在のご質問は、実際には実在するかどうかではなく、共感できなかった、ということがおっしゃりたかったのですね。
 そして、共感できなかったのは、大丁が共感を必要だと考えていないからだ、というわけですね。
 ただ、私も最初に頂いた感想で、バレイキに共感できない旨を了解していましたので、思い至りませんでした。

>私の言葉で言うならば

 の部分から、

>そんな作品が絶対つくれるはずです!

 までは、ビリーさまの作家論ですね。
 大部分は同意できます。
 同意できかねる部分もあり、考えを変えてほしいと要望されても、これはできません。
 どの部分が同意で、どの部分がそうでないかは、今後の記事で明らかにしていきます。

 最後の部分は、明らかにビリーさまの誤読です。

>あとひとつ
>>同時に、露出は性的興奮を得ようとして自らする行為だけが
>>そう呼ばれるべきだとしていました
>これはちょっと違うと思います。

 「かつてはそう思っていたが、今は違う、なぜなら露出の動機はもっとたくさんあるからだ」、というのが記事の主旨なのですから、ちょっとどころか全然違うと思っています。

 ただし、目的にはかなっています。
 ビリーさまがあげられていた、「悪い事をしているドキドキ感」「冒険心」「チャレンジ精神」「達成感」「日常では味わえないスリル」といった動機があるでしょう、というご意見が欲しかったのですから。

 では、本筋に戻って、露出の実像を、動機から確認する続きをしたいと思います。
 ビリーさま、もしよろしければ、「露出の実像」の記事に戻っていただいて、そこにあげられた動機に、ご意見やご感想をいただけたらと思います。

 まったく共感できない、なんてものがあれば、ぜひご指摘を。ありがたいです。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。