FC2ブログ
大丁の考える野外露出
野外露出について考えAVにしていくブログ。※大丁は、株式会社トミーウォーカーのPBWでマスター業務を行っていますが、マスター契約時の規約により、ここでゲーム内容に関する発言をすることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この辺りで、本題に復帰
 前回の記事や前々回のコメントは、ビリーさまからの問い、『バレイキは実在するか?』を受けてのものでした。
 なので、本題を横に置いて、バレイキひいては露出の実在に関する話をさせていただいたのです。
 いずれは踏み込むテーマでしたから、誤解なく伝えるのはまだ難しいと思いつつも、結論だけお話しました。
 ですから、ビリーさまが、足りない情報のなかで真剣に考察してくださったのは申し訳なかったですし、嬉しくもありました。
 結論といっても、『バレイキは実在するか?』という問いに対してのみのことで、本論考自体はまだまだその先も続きます。
 続くその先のお話を、ちょい出ししたりしていましたので、やはり私の話は分かりにくくなっていました。
 特に分りにくい部分は、私がまだ、実制作の方法や方針については話をしていない、ということかと思います。
 露出の実在についての話をしたところだけです。
 露出をどう考えているのか、考えていることをどのように作品にするか、とろうとしている方法そのものはどんなものか、まだ書いてはいません。
 にもかかわらず、書いてるように読めますよね。どうも、すみません。

 たとえば、今回いただいたこの部分。

>ファンタジーの例でスーパーマンやトトロを出して視聴者との
>繋がりを主張しましたが、考え方が私と違うようです。
>>怪力の宇宙人はいませんが、
>>人を助ける職業についている人はいます。
>>不思議な生き物はいませんが、
>>森や自然を守る仕事についている人はいます。
>>露出は実在しなくとも、露出したい、露出を見たい、
>>という気持ちを表したものは、間違いなく実在します。
>>さきほど、動機の証明は本人にもできないような書き方
>>をしましたが、根っこの部分に近付くことはできるはずです。
>これでは根っこの部分に近づいていないと思います。
>「根っこの部分は分からないから別の物で代用しちゃおう」という
>風に感じました。

 元は、ビリーさまがふたつ前のコメントでしていた次の部分を受けてのものです。

>大丁さんがめざしているのはリアルな露出作品ではなくて
>ファンタジー作品なのでしょうか?
>スーパーマンとかトトロのように実在しない物を
>描こうとしているのですか?
>ファンタジーだとしたら何でも作れますが、
>上手く視聴者に伝えないと、消化不良の気持ち悪~い作品に
>なってしまいます。
>空想の世界、架空の主人公であったとしても、根っこの部分では
>視聴者とどこかしら繋がっていて欲しいです。

 私は上記のビリーさまの言葉から、実在しない物の例として、スーパーマンとトトロを引き合いに出されたと思いました。
 そこで、スーパーマンとトトロは実在しますと、返したのです。

>怪力の宇宙人はいませんが、
>人を助ける職業についている人はいます。
>不思議な生き物はいませんが、
>森や自然を守る仕事についている人はいます。

 私がこのように書いたのは、スーパーマンもトトロも、人間で代用して作品を描ける、という意味ではないのです。
 こんな意味です。
 おそらくスーパーマンのキャラクター構築の際には、人を助ける職業についている人から、その尊さを学んで活かしているであろう。
 スーパーマンの物語を見た人が、人を助ける尊さを学び、自分の人生に活かし、人を助ける職業につくことはあるだろう。
 スーパーマンはフィクションだけれども、フィクションの前後にはノンフィクションが存在する。
 スーパーマンの全部が実在しないわけではない。
 実在しない物の例としては、ふさわしくないのではないだろうか。
 実際、ビリーさまも、言い直している。

>空想の世界、架空の主人公であったとしても、根っこの部分では
>視聴者とどこかしら繋がっていて欲しいです。

 私は、この『根っこ』を、ビリーさまが言った場合の、フィクションの前後のノンフィクションのことだとと解釈し、逆にスーパーマン、トトロの例をつかわせてもらった、というわけです。
 本来なら、同意できますくらいの意味なのに、

>まさに、今現在の目指すところです。

 なんて言い方をしたので、

>「根っこの部分は分からないから別の物で代用しちゃおう」という

 ふうな制作方針だと、ビリーさまに思われてしまったのだと思います。
 この段階では、実在についてのみの話なので、制作方針については語っていません。解りにくくてすみません。

 したがって、今回コメントの次の部分。
>>他の方々が持っている露出観の、ひと通りやふた通りどころではない
>>多くの露出観を、自分の中にとりこむことで、繋がる、広がる、
>>生きた露出観にしていく。
>いろんな価値観、いろんなエピソードを大丁さんが取り込むのは
>いいのですが、それを一人のヒロインに詰め込んでも 生きた露出観
>にはなりません。
>不思議な人物になるだけです。

 露出観を広げることと、いろんな価値観いろんなエピソードを一人のヒロインに詰め込むことは、関連がありません。

 フィクションとノンフィクションの話は、別に私が考えたのではなくて、創作に関してはたびたびでてくる話題です。
 結局のところ、『バレイキの実在』を問うことそのものは、本論考では本筋ではないのです。
 本筋ではないこと自体は、今回のビリーさまのコメントで、ビリーさまも同じ考えであると私は思いました。
 バレイキ実在のご質問は、実際には実在するかどうかではなく、共感できなかった、ということがおっしゃりたかったのですね。
 そして、共感できなかったのは、大丁が共感を必要だと考えていないからだ、というわけですね。
 ただ、私も最初に頂いた感想で、バレイキに共感できない旨を了解していましたので、思い至りませんでした。

>私の言葉で言うならば

 の部分から、

>そんな作品が絶対つくれるはずです!

 までは、ビリーさまの作家論ですね。
 大部分は同意できます。
 同意できかねる部分もあり、考えを変えてほしいと要望されても、これはできません。
 どの部分が同意で、どの部分がそうでないかは、今後の記事で明らかにしていきます。

 最後の部分は、明らかにビリーさまの誤読です。

>あとひとつ
>>同時に、露出は性的興奮を得ようとして自らする行為だけが
>>そう呼ばれるべきだとしていました
>これはちょっと違うと思います。

 「かつてはそう思っていたが、今は違う、なぜなら露出の動機はもっとたくさんあるからだ」、というのが記事の主旨なのですから、ちょっとどころか全然違うと思っています。

 ただし、目的にはかなっています。
 ビリーさまがあげられていた、「悪い事をしているドキドキ感」「冒険心」「チャレンジ精神」「達成感」「日常では味わえないスリル」といった動機があるでしょう、というご意見が欲しかったのですから。

 では、本筋に戻って、露出の実像を、動機から確認する続きをしたいと思います。
 ビリーさま、もしよろしければ、「露出の実像」の記事に戻っていただいて、そこにあげられた動機に、ご意見やご感想をいただけたらと思います。

 まったく共感できない、なんてものがあれば、ぜひご指摘を。ありがたいです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
もうちょっと作家論を
本題の露出について考えることからそれちゃいましたが
もう少し脇道にそれさせてくださいw

私がなぜ熱心に書き込みしているかと言うと
・大丁さんの作品(露出ドラマ)が好きだ。
・しかし、共感できない描写がかなりある。
・なぜなんだろう? なんとかしたい。
というのが大きな理由です。

当初はお互いの「露出観」が違うせいかと思っていました。
しかし最近になって「作家観」が違うことに気付きました。
スーパーマンの解釈方法も私とは微妙に違うなぁと感じています。
改めて書き直してくれた文章にもやはり私との違いを感じます。

バレイキは実在するのですか? と問いかけたのは
バレイキ現象はノンフィクションなのかフィクションなのか
をまず確認したかったからです。

実際にバレイキする女性を知っていて、その人をイメージしながら
描いているのであれば、文句言えないなぁと。
ノンフィクションだったら、 あの人のあんな行動はおかしい
なんて言えませんから。
あの人はあんな行動するんだな と受け止めるしかないのです。
しかし、フィクションなら、もっと視聴者に理解させる工夫を
して欲しいと思いました。
登場人物の行動、動機、感情の変化などは全て作家次第なので

「分かる部分もあるでしょう」ではダメだと思います。
一部でもヒロインの行動が理解できないと、その人全部が理解
出来なくなります。冷めてしまいます。


共感出来る作品作りのためには「作家観」のズレの解消が必要
だと思っています。
現在はこちらの方に興味があります。


私の希望は 誰もが共感できる作品 を目指して欲しいのですが、
大丁さんは 露出愛好家 に向けて作品作りをしているのでしょうか?
もっとディープな方向に進もうとしているのでしょうか?





それと「実在」の言葉の使い方も私と大丁さんでは違っているようです。
これもさまざまな誤解を生んでいます。

>露出は実在しない
の発言も「実在」の使い方が違うだけだなと認識していて
今はそれほど気にしていません。

>実在する部分もある
という言い回しもすごく曖昧で誤解を招く表現だと思いますよ。






本題に戻りましょうか。
「露出の実像」記事についてですが、
そこのコメントにも書きましたが、
何を言おうとしているのか分からないんですw
さまざまな露出の動機を上げているのでしょうが
漠然とした言い回しなのでいろんな解釈が出来てしまいます。
解釈次第では全部ありえる話だと受け止めることが出来ます。

共感できるか出来ないかはあの記事だけでは語れません。
この時点では「ありえそうな話ですね」としか言えません。

具体例を上げてもらえるといいのですが・・・

例えば
>反対に、恥ずかしい姿は、嘲笑の対象で、
>他者に性的ではない楽しみ 笑いを与える場合。
>転じて笑いを得るための努力が、今度は尊敬になってしまう
>こともあります。

これは、お笑い芸人が笑いを取るために下半身を露出させる場面
を思い浮かべればいいのでしょうか?
そして後輩芸人から「先輩! 最高に面白かったです! 尊敬します!」
と尊敬される。
当たってますか?
これなら共感できます。



そしていろんな露出の動機を上げることによって

何を問いかけているのか?
何かを宣言しているのか?
希望を語っているのか?
主旨が分かりませんw
2014/04/27(日) 00:14:16 | URL | ビリー #kWSW7Y5M[ 編集]
>ビリーさま

コメントありがとうございます。
別件で時間をとられてまして、記事の更新は来月頭になりそうです。

本筋と関係のある話もでてきそうですし、脇道にそれても、いいのですが、それは私についての話ではなく、ビリーさまについての話になると思います。

当ブログのテーマは、私が露出AVを制作するにあたって、どんなことを考えているか、です。
そして、私の考えを読んだ方からの反応を参考に次の露出AVを考えることです。

記事を読んだビリーさまが、「よくわからない」とコメントしてくだされば、その時点でテーマにはかなっているのです。

とはいえ、自分がなぜわからないのか、その原因をつきとめたい、というビリーさまの気持ちは、それこそよくわかります。

ビリーさまが、どう考えたか。その考えの中では、私の作品はどう位置づけられるのか。
そんな追求をするゆえに、ビリーさまについての話になるのです。

本当は、どこかに別の場所をつくって話をしたいところです。
このコメント欄を使って、続けてもよろしいでしょうか?

それとは別に、『露出の実像』の話です。
あげてあるもののうち、どれを露出と呼べるか教えてほしい。
それが主旨です。

お笑い芸人の例は、条件にあっています。
さて、ビリーさまから見て、それは露出でしょうか。
2014/04/27(日) 01:14:42 | URL | 大丁 #3/2tU3w2[ 編集]
露出かどうか
「露出の実像」記事はやはり何度読み返しても主旨が良く
分かりません。
「性的興奮は一様ではない」
という観点から書き出しているけど
「露出の動機はさまざま」
という論点に変わり
今回コメントでは「どれが露出なのか?」と問うていて
それが主旨だと言っている。
・性的興奮
・露出の動機
・露出
これらは関連しているけど別物だと思うんですが・・・






>お笑い芸人の例は、条件にあっています。
>さて、ビリーさまから見て、それは露出でしょうか。

解釈の仕方によって回答が変わりますので
いろいろ考察してみましょう。

お笑い芸人の例
これをもう少しイメージしやすいように
具体的な設定を付けましょう。
お笑い芸人は江○2:50としましょうかw
彼が笑いを取る為にステージ上で下半身を露出する。

誰目線で評価するかによっても分かれます。
警察とか法律的に見れば公然わいせつであり露出と言えます。
芸人本人から見ると、ネタではあるが露出である事も自覚しているはず。
ステージを見てる観客から見ると、ネタとも露出ともとれる。
私がその観客だったとしても、ネタでもあり露出でもある。
そのステージがお笑いDVDとして発売されてそれを見た場合も
ネタでもあり露出でもある。
しかし、
露出物のアダルトDVDとしてその状況を見せられた場合は、
「露出ではない」と言うと思います。
「露出ではない」の言葉の中には「露出ドラマとしては面白くない」
と言う想いがこめられています。
略して「露出ではない」です。

誰目線で評価するかが一つポイントになると思うのですが
「露出物のアダルトDVDを見ている視聴者目線」で答えるのが
妥当なのでしょうか?
だとしたら「露出ではない」ですね。



では人物を変えてみましょう
江○2:50ではなく新人の女性芸人にしましょう。
しかもめっちゃ可愛い娘。
これだったら
露出物のアダルトDVDとしてその状況を見せられた場合でも、
それは「露出だ」 と言えます。
芸人には露出の自覚はなくても、私から見ると露出と見れます。

露出だ と言いましたが、
露出ドラマとして成り立つかはまた別です。
前後のストーリーも重要です。
例えば、可愛い女芸人がステージ上で下半身を露出した後
興奮して潮を噴いた・・・ 
となると急激に共感出来なくなります。
なんじゃそれっ? ってなります。
露出ドラマとしても評価は低くなります。

それに可愛い女芸人だったら、まず笑いは起きないですよね。
会場はザワザワして笑いではない変などよめきがあがったりして
不穏な空気が流れるでしょう。
笑いが起きて、他の芸人から尊敬されるって展開になるとしたら
露出かどうか以前にドラマとして成立しなくなる。
そういう意味では、やはり「露出ではない」ですかね。





>あげてあるもののうち、どれを露出と呼べるか教えてほしい。


漠然とした内容だけで
どれが露出でどれが露出でないかを線引きする事自体
意味が無いと思うんです。
どんな人がどんなシチュエーションで何を想い、
どういう言動をするか、細かい状況設定がそろわないと
判断できません。

大丁さんが上げられているいくつかの例はどれも漠然としているので
どれが「露出」かを線引きするのは難しいのですが、
あえてやってみると
あの中で露出と言えるのは

・裸を他者に見せること自体からくる性的興奮。
・露出によって羞恥がうまれ、羞恥が性的興奮になる被虐、
 マゾヒズムの一種。

ですかね。これらは露出物DVDの視聴者が求めている本来の露出
だと思います。
他にも露出といえるものはありますがあの選択肢の中ではこの2つ
ですかね。




しかし、どれが「露出の動機」なのかとなると
全てが当てはまると思います。
なのでどれも動機のエピソードとして成りえます。
作品の中に取り入れる事が出来ます。

「露出」として描くのか「露出の動機」として描くのか
で大きく見解が変わります。
2014/04/29(火) 21:04:54 | URL | ビリー #kWSW7Y5M[ 編集]
>ビリーさま

コメントありがとうございます。
本論考が進んだところで、改めて取り上げさせていただくことになると思います。

脇道のほうは、続けなくてもよろしいのでしょうか。
2014/04/30(水) 01:45:52 | URL | 大丁 #3/2tU3w2[ 編集]
大丁さんこんばんは

脇道の件はまたいずれということでいいです。

でもどうしても作家目線で意見してしまうと思いますがwww
2014/04/30(水) 21:55:50 | URL | ビリー #kWSW7Y5M[ 編集]
>ビリーさま

承知いたしました。

本筋のほうは、GW中にまとめを行い、アップしていくことになりそうです。
いただいたご意見にすぐレスする形ではありませんが、本筋がひと段落つきましたら、検証していきましょう。

それから、ビリーさまからのお話は、創る側からのものとして受け止めていこうと思います。
2014/05/01(木) 12:26:43 | URL | 大丁 #3/2tU3w2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taiteirosyutu.blog107.fc2.com/tb.php/55-777de65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。